スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京事変 - 群青日和

3052501019.jpg3849173200.jpg


いつだって彼女は 終わりを告げている
誰かの作った世界など 私が作った世界など ぶっ壊す為に

その目は 僕のハートを壊すほど力強く
その歌声はとにかく、もうエクスタシーだ!!

ノイズ!ノイズ!ノイズ!!
この曲はいつだって僕をやっつけてくれる

当事者を回避したって 関係無くたって
この時を生きている今が 何よりも美しい群青色の空だって事を

まだ僕は この空を眺めていたいんだ


群青日和
http://www.youtube.com/watch?v=DwqbMGSoR-Q&mode=related&search=

RINGO SHIINA-幸福論
http://www.youtube.com/watch?v=E4IbGK_shh4&mode=related&search=

(hishiki)  


group_inou / system kitchen

2000000182780.jpg3204400996.jpg



以前書きましたが、僕が今一番好きなアーティストは口ロロです。
そして、今一番推してるアーティストが、こちらのgrou_inouです。

去年なんかのイベントで見たのが彼らとのファーストコンタクトだったわけですが、その時の感動はなかなか忘れられないものです。

彼らを見た時、ダメな人間が開き直ったような感じがしたのだけど、それは彼らには音楽以外に他に何もできないのではないか、他に生きる道は無いのではないかとまで思わせてしまうほどの姿勢を、そのライブで見た時に感じてしまったからだ。
失礼な発言で申し訳ないが。

トラックメーカーであるimaiは機械いじりながら好きな電子音を発し、mcであるcpは自由に言葉を繋いでいく。
それは、まるで二人で音楽をしている事、その行為自体が自然な事で、「衣食住+ワンモア」以上の事象として成り立っているようだった。


今回紹介するのは、そんな彼らが去年出したfoodのリミックス盤です。
リミキサー陣はメンバーであるimaiとcp(uri gagarn)、スポットライトからmatsu & take、同レーベルgalで活動するgaku urayamaの4名で、正直知名度の点ではインパクトに欠けるかも知れない(また失礼)が、どちらも彼らの魅力を十分に発揮している好盤なので、是非ともお手にとって貰いたいものです。
まぁ、本当の彼らの魅力はライブなんで、ライブを見てもらいたいんですけども。

試聴
http://listen.jp/store/trackList_1173897.htm

ライブ
http://www.net-flyer.com/music/live/groupinou_070217/

ino

RIDDIM SAUNTER ― CURRENT ★★★★★

rddim.jpg

やばい!

キラキラサウンドたっぷり★
踊れないわけがない。

rdm makes me HAPPY!HAPPY!HAPPY!!

これを聞いたらライブに行きたくなること間違いなし!

CURRENT
http://myspace.com/riddimsaunter

(nattun)

sunny day service - 魔法

3254708713.jpg2271538936.jpg

朝日が昇る風景 暗い夜の道 海を目指してドライブ 
君の目に映るもの 魔法

http://www.youtube.com/watch?v=tvRh2muOuuw&mode=related&search=

見つめ合うだけで、光り輝く名曲。
今の僕らの世代にこんなバンドが出て来てくれたら
きっと死ぬまでサマーオブラブだ。 

静寂に秘める爆音 声にならない叫び
曽我部恵一の感じるままの思い サニーデイサービスはもういないけど

僕にかかった魔法は いつまでも解けないで

Live~恋におちたら
http://www.youtube.com/watch?v=1RN7-W8uOdI&mode=related&search=


(hishiki)

SUEMITSU & THE SUEMITH - Allegro Cantabile

B000M7XSR8_09_MZZZZZZZ.jpgB000MZHTA2_09_MZZZZZZZ.jpg

喜びも悲しみも、届かない思いも君の笑顔も 一つ一つの音符達は弾けて消える。

4分間の魔法の時間。
この瞬間がどうか止まらない様に 僕の思いをこのピアノマンに預けた。

今 この目の前に開かれた世界
 
繰り返す 新しいプレリュード

こんなはずじゃないだろう。
そう言って僕達につき返すんだ。

いつまでも忘れないで その歓喜が鳴るほうへ

なんて素敵なヒーローだろう

Allegro Cantabile
http://www.youtube.com/watch?v=CIhfKSIx148&mode=related&search=

(hishiki)

くるり - THE WORLD IS MINE

B000060NM0_09_MZZZZZZZ.jpg3141104263.jpg

ワールズエンドスーパーノヴァ
http://www.youtube.com/watch?v=uMauzgzTDXM

僕の劇団でこの曲を使ったことがあって
とてもいいシーンで、その時の事を思い出したり。

クラブ終わりに、踊り疲れた体で地下の階段を上り
扉を開け外に出た瞬間
眩しい日差しと青い空に包まれた感じだったり。

いつだってそうだろう
僕はまだ何も始まっちゃいない
ただ少しだけ前に進めるような気がする

いつだってそうだろう
何か終わりを迎えたなら
希望の光はその瞬間に生まれる
まだ僕は信じる事を諦められないんだ


―ラフラフ&ダンスミュージック
僕らいつも 考えて 忘れて

どこまでも行ける


ハイウェイ Live~勇気なんていらないぜ☆
http://www.youtube.com/watch?v=OKlIrM4GLpY

(hishiki)

POLYSICS - POLYSICS OR DIE!!!!

B000ALMUTS_09_MZZZZZZZ.jpg  3588088641.jpg

これからのダンスシーンを
日本のアーティストが盛り上げてくれるとしたら
このバンドしかいない!!
もはや僕は、POLYSICSか死ぬかの域に達してる。

ピコピコビリビリ!1,2,3ワァァァァッ!!
バカでダンスでショックなニューウェーブだ!

3年前のロックインジャパンで味わった灼熱の太陽のライブ!
まさに今!あの燃えるような夏が再び、もう興奮がウヒャーー!!

僕が焦げ付いても
電波塔になってシビれる思いを
アナタに届けたい☆

XCT~アヒャウヒャ♪
http://www.youtube.com/watch?v=qzoSfUIds9M

Electric Surfin' GO GO!!
http://www.youtube.com/watch?v=chqFwSPRTO8&mode=related&search=

live from LONDON~ピ~ピ~ピロリ~
http://www.youtube.com/watch?v=4c5J5lVjieI&mode=related&search=


(hishiki)

Beat Crusaders - Hit in the USA

4562104041656_m.jpg4009800850.jpg

さぁ!クラップハンズのお時間だ!

アメリカ人もアジア人も紅茶の国もジャングルの一族も
スカした兄ちゃんも可愛いあのコも!!

Clap hands Yeeeeeeeaaaaahhh!!!!!!!!!!

ダンスホールに鳴り響くは、僕らが作り出したカンタービレ!

Hit in the バカヤロー!悲しみなんて僕に預けてしまえばいい。
一緒にハンズアップの波にもまれよう!

ほら、君はもうこんなにも笑顔だ☆

Hit in the USA
http://www.youtube.com/watch?v=sLzMPxZGPN4

Tonight Tonight Tonight~最高の夜になりそう☆
http://www.youtube.com/watch?v=Q-to_VYgje8&mode=related&search=


(hishiki)

ロロロ / GOLDEN KING

GOLDEN KING/□□□









今さらこんな事言うのもアレなんだけど、今って21世紀なのよね。

いつの間にかやってきてたし、気分的に何か変わったわけでもないし、ちっとも平和な世の中になんないし、科学が必ずしも全員がハッピーになれる方向に進んで行ってるわけでもない。

それどころか、いまだにファミコン音源をニコニコ動画で見てニヤニヤしちゃうし、WEEZERの1stがかかれば踊っちゃうし、手塚治虫から学ぶ事だってイロイロあるのだ。


というわけで、昔思い描いていた未来なんか今の生活には関係なく、むしろいくら年取ったっていつまでも変わらないものがあるって事を思うようになった20代後半。


そんなこんなでロロロです。
僕が今一番好きなアーティストと言えばこのロロロなんですが、好きな理由として一番上に来るのが、「今を生きているから」ということに他ならないんですよ。

歌って言うのは、その世相を反映して然るべきものだと思ってるんだけど、僕の思う上に書いたような今の世相と一番リンクしてるアーティストだと思うんです。

ちょっと過剰な電子音やエフェクトだったり、ちょっとヘタなラップとか、細分化されたジャンルをことごとく取り入れようとする一見無茶な姿勢や、メロディー重視となった2ndなんかも。

やりたい事をやるってのは限度があって、もちろんそのやる人間のスキルや受け皿が広くないとできる事なんか限られるわけだけど、その中で精一杯やるってのは素晴らしい事だと思う。

そんな感動すら覚えてしまうロロロは、期待できない未来に差し込むちょっとした光明のように思ってます。


(ino)









------------------



今日本でもっとも野望に燃えている2人組といえば?

そう!口ロロだ。

で、このシングルなんだけど、天下のavex様からリリースと言う事で流石にクオリティが高い。
個人的には、前作ファンファーレがとても好みの音だったのだが、こういうシフトチェンジはアリだと思う。

PVも流石に金かかってそうなもんで、ファンファーレに収録されている「朝の光」のPVとは桁違いに金の匂いを感じる。
いい意味でも、悪い意味でも。


さてさて、このまま世界を制覇する事ができるのだろうか?
それとも、どんどんコアなファンを減らし続けるのかは、お楽しみな所なのです。


なんにしても、コアな音楽ファンの間では、今日本でもっとも注目されている2人組だというのは絶対で。
次にドロップされるであろう新曲(GOLDEN WEEK)も、間違いなくクオリティは高いであろうし、個人的にもまだまだ口ロロ熱は下がる事は無いでしょう。


・・・さて、どうなる事やら。



2年後あたり武道館。なんて話もありえるユニットだと思うが。


さて、どうなる事やら。


(waki)



■YouTube
□□□ - GOLDEN KING
メローメロー

the arrows- mast people

マストピープル/the ARROWS


自分が今、一番ライブを見ているバンドが「the ARROWS」なんだけど。

何が一番魅力ってやっぱり楽しいんだよね。
個人的にライブ中に笑顔になれるバンドってそんなに無くって。
でも、アロウズのライブにはいつも笑顔があって。
また足を運んでしまう。
そんなバンドです。

その中でも一番良かったライブが、rijfの時で。
もうとにかく暑いし。湿度高いしで、頭がおかしくなりそうな感じだったんだけど、
そのせいなのかなんなのか、訳がわからない位良かったです。


好き度が、一番ピークだったのが「マストピープル」というシングルが出た時で。
とにかくこの頃は、名古屋まで行ってライブを見たり。
メンバーやマネージャーにしつこく絡んだりで最悪にタチが悪かったなー。俺。

まぁいいや。

これからもライブに通い続けよう。

んで、笑顔になるんだ。又。

(waki)

the arrows- mast people
http://www.youtube.com/watch?v=viliF88EOBk

【つけたし】
アロウズのインディー時代の名作『昨日 今日 トゥモロー』に入っている、「BGMの向こう側」という曲がとにかく素晴らしいです。
メジャー版にも一応収録されているのですが、インディー版のがアレンジがいいんです。
機会があれば是非聴いてみて下さい。



テーマ : お気に入りアーティスト - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。